facebook
香りの文化をゼロから創造する。
デザインするのは、今、ここにない価値。

マーケティング/商品企画・宣伝販促

profile

2014年中途入社。デザイン工学部プロダクトデザイン学科卒業。学生時代はダンスサークルに所属し、デザインの勉強よりもダンスに没頭。入社1年目から、商品企画・プランナーとして、商品企画、コスト設計、製造知識などを幅広く学び、2年目からはチームを跨いだクリエイティブ制作の統括も。卓越したデザイン知識・スキルを強みに、FITSのクオリティーの高いコンセプトメイク、ブランディングを支えている。

01本当の意味で
クリエイティブな仕事が
ここに、ある。

企業や商品のロゴ、プロダクトデザインを中心に、デザイナー、アートディレクターとしてキャリアを築いてきた私が転職を考えたのは、前職での「過酷な労働環境を見直したい」という理由からでした。しかし、FITSを選んだのはその理由がすべてではありません。「ゼロから新たな価値を創造できる仕事」に強く惹かれたからです。
「商品企画もやってみない?」。きっかけは面接担当者の意外な問いかけでした。私が応募したのは宣伝販促担当のポジション。正直、呆気にとられてしまったのですが、話を聞いているうちに、「これは面白い会社だぞ」と前のめりになってきました。デザイナー、アートディレクターの仕事は、クリエイティブな仕事だといわれていますが、一概にそうともいえません。与えられたテーマや、前もって決まっている商品のコンセプトに沿って、規定どおりにデザインをする仕事は、自分自身の手でゼロからモノを創造する(=クリエイティブな)仕事とはいえません。しかし、ここならば他社では経験できない、本当の意味でクリエイティブな仕事ができると思い、すでに数社から内定をもらっている状況でしたが、FITSの入社を即決しました。

02コンセプトがなければ
人々に文化を
浸透させることはできない。

現在は、クリエイティブマネージャーを務めています。主な役割は「クリエイティブマネジメント」と「アートディレクション」。新ブランド・新商品のコンセプトメイクを中心に、既存ブランドの各種販促物・パッケージなどの制作をマネジメントしています。
FITSは、香水を売る会社というより、香りの文化を創造する会社です。単なる商品のメリットや特徴にとどまらず、込められたメッセージを伝えていくことが重要になります。その商品を使うことで消費者の皆さんにどんな気分になってほしいのか。人生にどのような豊かさを届けていくのか。どこよりもブランドや商品のコンセプトを大切にしている会社だといえるかもしれません。
私のミッションは、ブレないコンセプトを創り、それを効果的に伝えていくこと。時には商品企画者として、時には宣伝販促クリエイティブの責任者として、新たな香りの文化を創造していく仕事をしています。実際に、当社の若手社員によって立ち上がった「FITS SPORTS」プロジェクトにおいては、ブランドコンセプト策定を主に担当していました。「香りを、新たなスポーツウェアに」というコンセプトのもと、一貫した商品企画やプロモーションを実現することができました。これは私にとって、大きな収穫で、「香りでスポーツのパフォーマンスを高める」という機能性・価値を創造し、新たな文化を発信するメッセージ性のある仕事ができたと自負しています。

03香りは「こころ」。
その価値をデザインし
世界に伝えたい。

香りには、「こころ」に直結する不思議な魅力があります。ある人の香りで、周囲の雰囲気が和んだり、街ですれ違った人の香りで昔好きだった人を思い出したり……。これらはプルースト現象と呼ばれるもので、学術的に研究が進められているほど。香りをデザインしていくことは、人の心を動かしていくこと。私はそう考えています。
カッコいいだけ、美しいだけのデザインに意味なんてありません。目的は、きれいな絵をつくることでも、目新しいことをすることでもない。マーケティング、商品企画、営業……。FITSで働く、すべての人の力を合わせて、自社のブランドや商品を、この世界に一つしかない価値に磨き上げていく。それが、私にとってのデザインであり、今後も追究していきたいFITSブランドであり、「自分らしさ」につながっているんです。
FITSが磨き上げた価値で、世界中の人々の「こころ」を動かしたい。それが、私の夢であり、目標です。新たな文化をつくり、広めていく仕事を通じて、それが決して不可能なことではないと確信できるようになりました。世の中へのメッセージを大切に、今ない価値を追い求めていく。私たちらしさを忘れず、挑戦し続けることで、抱いた夢を現実のものにしたいですね。

message

服が好きなので、休日はショッピングに出かけることが多いです。職場が表参道ということもあって、この界隈にいることも……。あと好きなのは、月並みですが、美味しいもの・美味しいお酒。職場のみんなともよく一緒に飲みにいきますよ。みんなと仕事をやり遂げたあとのお酒は格別です。